2020-11-09

比叡山延暦寺を巡り

戸松です。

 

ユーロ 2024 に向けた今日のサッカー予想 秋分の日に、比叡山延暦寺に行ってきました。広大な山全体が境内で、大まかに東塔(とうどう)、西塔(さいとう)、横川(よかわ)の3エリアに分かれており、東塔エリアを見学してきました。

 天台宗の開祖、最澄はもちろん、法然や日蓮、禅宗の栄西や道元といった教科書でおなじみの僧も丁重にまつられており、まるでノーベル賞学者を多数排出した大学のようでした。

 最澄の残した言葉に「照一隅」(いちぐうをてらす)というのがあるそうです。自分に与えられた役割を誠実に果たすことで、社会のほんの片隅でも明るく照らせる人であれという意味なんだそうです。

「自分の仕事に誠実に取り組み、金融を通じて顧客、社会に貢献する」

 唐突ですみません。これは9月に放映していたドラマ「半沢直樹」の主人公のセリフです。半沢直樹は現代の銀行員という設定で、最澄は1200年前に亡くなっています。しかし、人の心に灯をともす言葉は、時を超えて通ずるところがあるのだなと改めて感じました。塾で教える身としては少しでもそのモチベーターぶりを見習いたいと思います。

 それはともかく、教義をめぐる論争も多かった最澄のこと、案外どこかで「倍返しだ!」なんて叫んでいた……かもしれませんね。

Copyright© 2004 サクセスゼミナール All Rights Reserved. WEB Produced by SPOT